Posted by koh

[レビュー]Surge Squonk Mod:HugsVape

皆さん、こんにちは。

本日も自腹レビューです。
生活費?何それ美味しいの?
冗談はさておき、これからも自腹レビューは続く予定ですが購入済み製品に関してだけです。
沼に浸かっているのはわかっているつもりだったんですがねぇ。思った以上にこの沼は深そうです(泣笑)

はい、というわけで今回紹介するのはHugsVapeさんのテクニカルスコンクMOD。その名も、

Surge Squonk Mod

箱を開けるとビニールに包まれたMODがお出迎え。
ビニールがクシャクシャになっているのは一度開封したからです。最初はしっかりと綺麗に収まっております。

パッケージ内容

  • Surge Squonk Mod本体
  • 説明書
  • USBケーブル
  • 18650バッテリー用スリーブ
  • スコンクボトル

説明書その1。
注意書きと対応抵抗値や温度管理(TC)できる線材の種類などが書いています。
ファームウェアがアップグレード可能と書いていますが、公式ホームページには特にダウンロードページ等はありませんでした。

説明書その2
操作説明と保護機能について書いてあります。
操作に関して簡単に書いておきますと、ファイヤボタンを5回クリックでオンオフ。3回クリックでモードの切り替え。+-ボタンでモードを選択し、ファイヤボタンで中の設定を選択する事ができます。

Surge Squonk Mod本体の横パネルを外すと中にスコンクボトルと18650バッテリー用のスリーブが入っています。
パネルと本体はマグネットで固定されるようになっており、振っても落ちないくらいにしっかりと固定されます。指で押せば上下方向に少々ずれますが気になる程ではありません。

18650バッテリー用スリーブは18650バッテリーを本体に入れる為に使用します。
端子部分は金メッキ加工されており通電に問題はありません。筒部分はシリコン製でバッテリーはしっかり嵌って固定されるのは良いのですが、バッテリーの高さが本体サイズギリギリになるので設置が少々大変になるのは微妙な所。

スコンクボトルは収まりは良いのですが、写真の通りチューブを曲げて設置しなければなりません。ぐぐぐ・・・

ボトルはシリコン製です。
値段から考えると凄い事なんですが、残念ながらそれなりの作りになっています。
厚さが一定ではなく柔らかい部分と少々硬い部分があるという残念な作りに。

金属パーツは普通な作りです。
ボトルデザインは大変残念。ボディーと合わせる為にキャップを台形型にしたとは思うのですが、本体とボトルの隙間がほとんどなくなりチューブを入れる際に大変苦労する作りになってしまっています。

510コネクターを上から。
スプリング式ですが、ピンの出具合が少なめです。
ビューティーリングを使用した際にJAZZ RDAが認識しませんでした。
2週間程使ってみましたが内部への漏れは今の所ありません。珍しい形状なので不安でしたが漏れに関しては強い作りなのかもしれません。ただ、スレッドの精度のせいなのかアトマイザーを外すとその部分だけリキッドで濡れている事がありました。

パネルを両方とも外してみました。
裏側はスコンクボトルとバッテリー部分に穴が空いているので、取り外しの際に便利になっています。
作りは華奢に見えますが意外としっかりしており、ボタンの反対側は人間工学的なデザインになっています。握りやすさは普通です。えぇ、悪くもなく良くもなし。

前面のデザインは悪くありません。
確かに某社のP〇LSEに似てはいますが、テクニカルMODでスコンカーとなれば形は似てしまっても仕方ないかと思います。
使っていて気になったのがボタンの押し心地が良くない事。ブニッとした感じでクリック感はありませんし、ボタン部分と淵部分が面一になっているので意外に押し辛い。
大きいだけでは使いやすいとは言えないのです。

寸法

  • 幅:約26.5mm
  • 奥行:約54.5mm
  • 高さ:約79.5mm

重量は約78.6gと樹脂製のテクニカルスコンカーとしてはかなり軽量。
軽量ですが20700バッテリー対応のせいで幅がある為、持ち辛さを感じる方も多いかもしれません。
メカニカルスコンカーやHotcigさんの「RSQ 80W Squonk Box Mod」等の18650バッテリー専用MODを使っている方は最初は違和感バリバリかと。ただ、使い続けていれば軽いのもあって慣れます。

ボトルは使っていたスコンカーから外したものを使っております。
こういう作りは汎用性もあって他メーカーのスコンクボトルが使えるのが嬉しい所。
しかし、チューブを差し込む金属筒部分が他と比べると太い為、チューブは純正を使った方が良いかもしれません。私は無理矢理つっこんで使っています。

画面はこんな感じです。
左が通常のVWモードで、右がキーロックした画面です。
説明書に書いてはおりませんが、電源が入っている状態で+-ボタン同時押しをし続けるとキーロックされます。この時+-ボタンは使えなくなりますがファイヤボタンは使えます。
色々とキー操作を試してみたのですが抵抗値ロックやステルスモード、画面反転等の機能は一切入っていないようです。
バッテリー残量は100%→80%→60%→40%→20%くらいでバーの表示が変わります。
0%にはなりません。20%を過ぎると気付いたら画面が点かなくなります。

モードはPOWER、TC-NI、TC-TI、TC-SS、BYPASS、TC-TCR、W-VPCの7つから選択可能になっています。
電源オン状態でファイヤボタンを3回クリックするとモードの切り替え。+-でモードの選択ができ、その後にファイヤボタン押すと下の項目に移動します。

W-VPCモードは1秒毎のワット設定が出来るモードです。
大きいワットで立ち上げだけ早くできるので最近のクラプトンコイルにはありがたい設定です。
全部で10個登録できますので10秒間好きなようにワットを弄る事ができるようになっています。

温度管理は100℃~300℃、もしくは200℉~600℉で設定が可能です。
使ってみた感じですが、抵抗値の読みが悪いのか何時もよりも高めの温度設定にすると何時もと同じような感じに。少々微妙ですがまだ我慢できます。
写真の順序がアベコベになっているように見えますが、その通り。説明していて今気づきました(笑)

さて、そろそろ私が感じている最大の欠点を紹介したいと思います。
私が思うスコンカーですが、必ず漏れや滲みの問題は発生するものだと思っています。
写真の上側のように510スレッドからリキッドが滲む場合もあるでしょうし、下側のように510スレッド内にリキッドが漏れる場合もあるでしょう。
そんな場合、ユーザーとしては分解して清掃を行いリキッドを内部に入らないようにしたいと思うはず。
しかし、このスコンカーは分解できないようにされています。

※MODを分解するとメーカー保証は受けられなくなります。ですので以下の内容を実践される場合には自分で全ての責任を負う必要があります。所謂自己責任というやつです。
私は愚痴る為に写真を載せているだけですからね。

赤丸で囲われた部分はマグネットの下に隠されているネジです。
水色の丸で囲われている部分だけが表に出ています。
以上の3つのネジを外す事で内部にアクセスできるようにはなっているのですが、マグネットが埋め込まれていますので簡単にアクセスできないようにされています。
内部で漏れた場合には諦めろという事なのでしょうか?
スコンカーを使った事のあるテスターは居なかったの?
正直首を傾げる設計思想です。

今回は内部に漏れはありませんでした。
ですが、いつかは配線付近にリキッドが滲んでしまう事があるはずです。その時ユーザーが掃除できるようにしておかなければ、最悪基盤が壊れてゴミになってしまいます。
安いからすぐ壊れても良いだろうという設計思想は大嫌いです。

総評

Pros:良い点

  • 安い
  • 軽い
  • 20700バッテリー対応にしてはコンパクト

Cons:悪い点

  • スコンカーなのに分解の出来ないメンテナンス性の悪さ
  • バッテリーが少なくなると出力が落ちる気がする(画面表示上問題なし)
  • スコンクボトルが入れ辛い
  • ファイヤボタンは大きいのに押し辛い

久々に微妙な総評となりました。
スコンカーは漏れて当たり前ですし、自分で分解して清掃するのが普通だと私は思っています。ですのでメーカー保証外にはなりますが「分解できない」事を悪い点として上げさせていただきました。
出力に関してはバッテリーが20%くらいになるとパワーダウンを感じました。体感的な事なので「気がする」と濁しております。
ファイヤボタンの押し辛さは許せる範囲ですが、スコンクボトルの入れ辛さは全くダメです。各メーカー色々工夫をしている中、P〇LSEと似たような一般的な形状なのにチューブが斜めになる為にスコンクボトルが入れ辛い。これは大変宜しくありません。設計段階で気づけなかったのでしょうか?
HugsVapeさんはMOD制作が初だと思うので仕方ないとも思います。が、設計さえしっかりしていれば防げた部分が多いので大変残念でなりません。個人的に応援しているメーカーの一つですので次回の製品は設計からしっかりしていただきたいと願っております。

気になる方用にメーカーリンク、メーカーFacebookリンクを載せておきます。

HugsVape公式ホームページ

HugsVapeのFacebook

※にほんブログ村 電子たばこ ランキングに参加しております。
記事が良いなと感じましたら にほんブログ村 電子たばこ ←クリックして下さると嬉しいです。